お問い合わせ受付中

06-6210-3939

営業時間:平日10:00〜19:00

BLOG
ブログ

2022.08.02 映像制作ノウハウ

【動画制作の費用相場は?】工程と内容別に価格を紹介

動作制作を依頼するときの費用相場はどのくらいなのか知りたい人に、制作工程と動画の内容ごとに価格をご紹介します。自社での内製とも比較して、予算の検討をしてみてください。

会社紹介や商品PRのために動画コンテンツを検討したいとき、自社で制作するときと外注で頼む場合があります。内製であればかかる費用は自社である程度抑えることもできますが、外注で動画制作するとどのくらいの予算が必要なのでしょうか。

どこにどれだけの費用がかかり、それは安いのか高いのか。動画コンテンツ自体をひと括りで考えてしまうと、分かりにくい部分もあります。

そこで、本記事では動画制作を外注で頼むときにかかる費用の相場について、制作の流れと動画の内容に注目してご紹介します。さらに、制作企業だけでなく個人クリエイターに依頼するケースも取り上げます。

自社で制作する場合との比較や、動画制作を外注するとどのくらいの費用がかかるのか知りたい人に、検討材料となれば幸いです。

calculator-385506_1920.jpg

 

動画制作費用の見方

 

動画制作時にかかる費用は、一般的に人件費と諸経費です。

人件費はディレクターだけでなくカメラマンは何人か、モデルやタレントは制作に必要かなどによって変わります。また、諸経費は撮影機材やスタジオの費用、交通費や撮影日数などに関連したコストのことです。

 

さらに、動画の長さ(尺)によって費用に違いがあり、商品紹介動画や結婚式の演出映像といった内容によっても制作費用は変わります。

 

そのため、具体的には制作会社に詳しい見積もりを依頼して、しっかりと確認することが必要です。

 

 

動画制作の流れに注目した費用相場

 

動画制作における費用の相場について、まずは制作の工程に注目し大きく以下の3つの区切りでご紹介します。具体的な金額についてはクオリティや外注先によって変わりますので、一例としてお考え下さい。

 

・企画・ディレクション

・撮影

・編集や修正

 

business-woman-flow-chart.jpg

 

一般的に、動画コンテンツを外注するとこのような流れに沿って制作していきます。ただし、企画を検討する前に、電話やメールなどで動画制作を依頼したい外注先にコンタクトを取り、相談するときは費用がかからないことが多いでしょう。

 

工程ごとの相場:①企画・ディレクション

 

動画コンテンツを制作する意図や目的などを、ヒアリングを経て打ち合わせして制作会社と脚本やスケジュールを決定していきます。絵コンテを制作しアニメーションが必要か、ナレーションは入れるのかなど構成案を組み立てます。

 

この段階で企画構成費やディレクション費などがかかりますが、相場としては10万円〜50万円ほどになります。

 

まだ撮影が始まっていませんが、最終的に完成する動画の質に関わる大切な部分ですので、費用に注目するよりも時間や手間をかけて内容の検討をしていきましょう。

 

工程ごとの相場:②撮影

 

撮影に必要なカメラや照明機材だけでなく、テーブルや椅子、お皿などの美術費やスタイリストなどの人件費がかかる場合があります。

 

そのため、撮影規模によって費用の違いが大きくなります。例えば、最短の1日8時間でディレクターとカメラマンが1名ずつの場合は、8万円〜30万円ほどが相場になります。

 

さらに、スタジオを借りた場合は1時間あたり1万円〜2万円ほどになり、下見のためのロケハンやドローンなど特殊な撮影機材が必要な場合はそれだけ費用が増えます。

 

工程ごとの相場:③編集・修正

 

撮影後、素材を使って動画コンテンツを制作し、効果音などの音響やグラフィックなどを加えて編集していきます。カット作業などを行うスタッフの人件費だけでなく、ナレーターやアニメーターなどの費用も含まれることがあります。

 

編集のみに限定すると、費用相場としては5万円〜25万円ほどになります。さらに、ナレーションを入れると2万円〜10万円ほど加わります。アニメーションやBGMなどの音効果では、2万円〜15万円ほどが相場になります。

 

3Dなどの特殊効果を使って内容に拘れば、それだけ予算が上がりますので、どこまで凝ったつくりを目指すかの落とし所は決めたほうが良いでしょう。

 

仮編集後、修正作業を経て最終納品という流れが一般的で、特に何回までの修正が可能かは事前に確認しておくと安心です。

 

また、DVDなどのフォーマットに複製できるマスターデータ費用や、SNS用として短い尺の動画に複数本分けた編集として5万円ほどかかる場合もあります。

 

動画の内容に注目した費用相場

 

動画制作の流れに沿ってかかる費用をご紹介しました。会社案内など具体的に動画コンテンツの内容がすでに想定される場合は、どんな種類の動画を制作すると費用がどれだけ必要か気になるのではないでしょうか。

 

そこで、次に動画の内容に注目して費用相場をまとめてみます。

 

camcorder-4430517_1920.jpg

 

内容ごとの相場:①会社・学校案内動画

 

企業理念を伝えたり、学校のプロモーション用に動画を制作するときにかかる費用相場は

20万円〜200万円ほどです。

 

金額に幅がかなりありますが、撮影の有無や何人ぐらいのスタッフが必要か、あるいは撮影日数や動画の長さはどのくらいかなどによって変わります。

 

例えば、自社で写真などの素材を用意して撮影は行わず、1〜2分ぐらいの動画として編集する作業を主に頼む場合は、コストを抑えた依頼が可能です。

 

それに対し、カメラなどの機材を複数用意したり撮影日数をかけたりして、社内スタッフが仕事する様子に密着した3分以上の動画コンテンツにするような場合は、予算が必要になります。CGなどの特殊効果を使い、プロの役者を用意した動画などは100万円以上かかることもあります。

 

 

内容ごとの相場:②商品・サービス紹介動画

 

商品の紹介やサービスのブランディング用に動画を制作する場合は、10万円〜200万円ほどが相場です。

 

商品やサービスを紹介するときには、イラストや2Dのアニメーションを活用するケースがあります。撮影や機材、役者などが必要なくそれだけコストを抑えることが可能です。

 

例えば、素材を自社で用意したり、イラストレーターに依頼して簡単な動き程度のアニメーションであれば比較的、費用もかかりません。

 

それに対して、アニメの質を重視すると50万円〜100万円ほど必要になってきます。テレビの広告などで目にするようなクオリティを目指すと、相場がさらに上がります。

 

イラストやアニメなどを使わず実写形式にすると、前述の企業・学校案内動画に似たような相場となっています。

 

内容ごとの相場:③イベント動画

 

式典や講演会、セミナーなどの動画撮影に関しては10万円〜50万円ほどの相場となります。

 

例えば、無観客の撮影で固定カメラの1台のみで依頼すると、比較的予算を抑えた制作が可能です。30人ぐらいの観客規模で、動画の長さが30分以上にカメラを2台用意した場合は20万円〜30万円ほどになります。

 

人数が増えて会場がさらに大きくなると、カメラ以外にマイクなどの音響設備も費用がかかり、50万円ぐらいになることもあります。さらに、会場の使用料などが別途かかります。

 

個人クリエイターに依頼した場合の費用相場

 

ここまでは動画制作企業に依頼した場合の相場についてご紹介しましたが、最後に個人クリエイターに外注するときの価格も取り上げます。

 

参考にしたのは、クラウドソーシングサイトのランサーズになります。

 

個人クリエイターの相場:①会社・商品紹介動画

 

会社や商品紹介に関する動画制作を承っている個人クリエイターは、5万円〜20万円ほどが相場です。

 

さらに安い金額で制作している個人クリエイターもいらっしゃいますが、ナレーションや台本作成などで1万円〜2万円ほどの追加料金を設けているパターンがあります。

 

また、イラストやアニメ、SNSに合う紹介動画やSNS自体の運用サービス付きなど、それぞれのクリエイターが得意とする内容で募集している場合が多く、企画から完成まで丸投げにて依頼すると20万円以上かかることもあります。

 

個人クリエイターの相場:②イベント動画

 

イベント動画についての相場は、3万円〜30万円ほどとなっています。カメラを1台用意して撮影は1日行い、編集はなしでデータだけのお渡し。このような作業内容でしたら、比較的安価に依頼が可能です。

 

また、撮影は2日以上でテロップやBGMなどを加えたデータの編集を行い、動画コンテンツの質を上げていくと10万円以上の予算が必要になります。

 

動画制作会社に依頼する場合と似ていて、編集内容や用意する機材、撮影日数などによって費用が変わります。

 

個人クリエイターの相場:③その他

 

結婚式などのオープニングムービーでしたら相場は1万円〜3万円ほどになり、VR映像などの特殊な動画制作でしたら15万円〜50万円ほど必要となっています。

 

イラストや漫画、ナレーションをメインにした動画、スポーツや料理などのジャンルに特化した動画など種類は多数あり、お試し価格で募集している個人クリエイターも多く見受けられます。

 

 

1533000576-2.png

 

まずは見積もりを依頼してみよう

 

個人クリエイターに依頼すると100万円以上の費用がかかることはほとんどなく、相場的には安価な傾向があります。

 

これは個人で作業する都合上、撮影に特化したり編集をメインに作業したり、特定の内容を承るためでしょう。また、他の工程を別のクリエイターに依頼している場合もあります。

 

結果的に関わる人数も企業より少なくなり、それだけ費用も抑えられますが、全てを企画段階から依頼すると相場が上がりますので、制作会社との費用的な差が少なくなります。

 

まずは、見積もりを依頼してみるとどのくらいのコストがかかるのか具体的に分かります。電話番号や公式サイトの連絡フォームがあれば、電話やメールで問い合わせてみましょう。

 

弊社ファーストトーンでは、ブランディングや販促目的の動画、社内イベント用の動画など様々な映像制作の依頼を受け付けています。

制作事例はこちらから

 

また、映像制作だけでなくWeb制作や紙媒体制作も承っており、予算に合わせたプランを提供しています。

 

参考価格も掲載しておりますので、制作依頼の参考にぜひご検討ください。

CONTACT

動画、WEBサイト、グラフィックツール制作をご検討の企業様へ。
まずは、お気軽にご相談ください。
スピード感をもってお返事させていただきます。