お問い合わせ受付中

06-6210-3939

営業時間:平日10:00〜19:00

BLOG
ブログ

2022.07.19 映像制作ノウハウ

【動画制作を外注するメリット5つ】個人クリエイター依頼も解説!

動画は写真や文字だけのコンテンツと比較すると情報量が多いため、楽しさや面白さが見てわかり、紹介したい内容が伝わりやすくなります。自社のブランドなどをお客様にアピールする方法としても、動画コンテンツは魅力的です。

しかし動画制作を自社で始める場合、機材は何が適しているのか、企画や撮影場所の検討方法はどうすれば良いのか、撮影後の編集パターンや公開場所の選定は何がベストなのか、といった様々な問題があります。

そのため、いきなりイメージ通りの動画コンテンツが完成することは、なかなかありません。

そこで、動画制作のための技術やクオリティなどを自社に求めるのではなく、外注することで解決してみてはいかがでしょうか?

本記事では、動画制作を企業に外注する場合のメリットについて、個人クリエイターに依頼するパターンも含めて解説します。

動画コンテンツも活用していきたいと検討している方は、ぜひ参考にして頂けると幸いです。

1513232847.png

なぜ動画制作を外注するべきなのか

 

自社で動画の制作を行えば、基本的にかかる費用は人件費程度です。試しに動画コンテンツにしてみるぐらいでしたら、機材の費用も含めてコストが安く済みます。

 

しかし、様々な要望を満たすような動画を本格的に制作する場合は、スタジオを借りたり、機材をそろえたり、照明や音響などを用意したり、撮影前に決めた構成に沿って編集をしたりと、意外と時間とコストがかかります。

 

そこで、動画制作を自社で行うのではなく、外注として企業に依頼することで考えられるメリットを5つご紹介します。

 

外注するメリット①:質の高い動画が制作できる

 

動画制作を承っている企業であれば制作スキルがあるのは当然なので、自社制作よりも高いクオリティの動画を求めたい場合、外注すればそれが可能になります。

 

例えば、動画制作のための設備はひと通りそろっていて、撮影場所に合った機材を用意できたり、編集に関しても必要なソフトウェアを使えるだけでなく編集技術に長けていたり、それらは動画制作会社の強みでしょう。

 

特に商品やサービス、会社案内などの動画であれば企業イメージにも関わる大切な部分となるため、質の高い動画コンテンツは必須です。

 

そういった動画を制作したいのでしたら、外注するメリットはあります。外注企業の制作事例などを参考に、クオリティを確認してみると良いでしょう。

 

外注するメリット②:完成までの時間短縮になる

 

自社で動画を制作する場合、社内のメンバーが普段の業務に加えて制作に携わらなければなりません。そうすると、社内業務の進行度合いに関わってくる可能性があり、動画専用のスタッフを設定することもあります。

 

誰が動画制作に携わるのか、あるいは詳しい人材をリーダーにして複数人のプロジェクトにするのか、動画制作の業務をスタートするまでに設定しなければならない事柄は多数あります。

 

そのため、希望する動画コンテンツが完成するまでに時間がかかってしまうことが考えられます。

 

そこで、動画制作を外注で依頼すれば完成までのスケジュールを組み立てやすく、結果的に時間の短縮になります。外注先の担当者とコミュニケーションを取り、一貫して制作が行えるようになり、スムーズにプロジェクトを進められるでしょう。

 

そして、その動画コンテンツで何をしたいのか、公開後に必要な施策のために時間を使えるようになります。動画を制作して終わりではなく、売上の向上やイメージアップなどの目的により近付くことができるのは、外注依頼のメリットの1つです。

 

外注するメリット③:イメージ通りの動画制作ができる

 

動画を希望するイメージ通りに制作するには、スキルだけではなく、目的や課題などを整理して、それらに合ったコンテンツにする必要があります。

 

動画制作の技術をどのように活用すれば適切なコンテンツになるのかは、経験値がある程度要求される部分ではないでしょうか。そのため、自社でイメージ通りの動画コンテンツを制作するには繰り返し完成させ、試行錯誤していかなければなりません。

 

そこで、動画制作を外注依頼すると、ヒアリングや打ち合わせなどを経てイメージを明確にしていくやり取りが可能になり、希望する動画コンテンツを完成できるでしょう。

 

外注するメリット④:訴求効果の高い動画ができる

 

機材や設備などにコストをかけて、動画自体が高いクオリティで自社制作できたとしても、公開後に期待するような効果がないと意味がありません。

 

つまり、結果につながらない動画コンテンツでは制作する意味がないということです。

 

例えばブランディングのための動画であれば、ターゲットを明確にして訴求効果の高いものを制作したいですよね。そのような希望も外注として依頼すれば、自社の強みや市場を分析し提案をしてくれるため、叶えることができるでしょう。

 

トレンドに合わなくなり、既存の動画コンテンツに心を動かされる人が少なくなってしまうような場合でも、効果が見込める形に修正が可能です。

 

外注するメリット⑤:専門的な知識や情報などを活用できる

 

スマートフォンなどで手軽に動画を撮影し、公開ができる現在ではコンテンツが意図しない方向に捉えられてしまうことがあります。

 

その結果、炎上と言われるような現象が発生すると、商品やサービスに対するイメージが悪くなってしまいます。

 

また、撮影した映像の中に写り込んでいる人物や建物などには、肖像権や著作権など権利が関わってくることがありますので、動画コンテンツが権利侵害をしないように気をつけなければいけません。

 

このような事柄を防ぐのは、知識や情報がなければ難しいでしょう。さらに、法律が改正されることも珍しくない中で、常に最新の情報を得ておく必要もあります。

 

そこで、制作会社で持っている専門的な知識や情報をもとに動画コンテンツを依頼すれば、自社で用意するよりも安心です。

 

それだけでなく、配信するプラットフォームは自社サイトなのか、SNSなのか。どこで露出をすればもっと効果が期待できるのか。最新の情報を持っている制作会社でしたら、そのような相談をすることもできます。

 

camera-g289b84ead_640.jpg

 

個人クリエイターに依頼する場合との比較

 

クラウドソーシングサービスなどが普及してきたことで、企業だけでなく個人やフリーランスのクリエイターへ動画制作を外注することもできます。

 

ここでは企業に外注する場合と、個人クリエイターとではどのような違いがあるのかについて、費用・信頼性・クオリティの3点に注目してまとめてみます。

 

・かかる費用について

 

個人クリエイターのほうが企業に外注するよりも、コストが安く済む場合があります。

 

企業では、動画制作に関する全ての工程を1人で行うのではなく、営業、撮影者やディレクターなど複数でこなすのが大半です。

 

そのため、経費や人件費などの面で個人に頼むより金額が高くなることがあり、それが見積もりに加わっていることもあるでしょう。制作に携わる人数が多ければそれだけ金額が変わります。

 

それに対して個人クリエイターに外注する場合、全ての工程を基本的にはクリエイター自身が行い、他にいるとしても声優やアシスタントぐらいではないでしょうか。

 

また出張費や旅費などの費用が発生する場合は、近くの地域で活動している個人クリエイターに外注すればその分、コストカットができます。

 

・信頼性について

 

外注で依頼する個人クリエイターはどれだけ信頼できるのかというのは、大切なポイントです。

 

業務を問題なくされている個人クリエイターも多くいらっしゃいますが、納期を守らなかったり、音信不通になってしまったり、機密情報が守られなかったりと信頼の面で比較すると、個人ではリスクがあります。

 

この点では、企業のほうが信頼性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

特に、個人クリエイターの場合はどのような人物かを見極める必要がありますので、実績やSNSなどを参考に検討してみましょう。

 

・動画のクオリティについて

 

個人の経験やスキルの違いによって、制作できる動画の質も様々です。例えばアニメーション限定など、スポット的に動画制作を依頼したいのであれば、個人クリエイターのほうが外注しやすい場合もあります。

 

それに対し、企業に外注すれば複数パターンの提案や見積もりが可能で、動画の質も期待できるでしょう。

 

例えば、ホテルの部屋を360度のVRでお客様に紹介したいといったような場合、技術的に制作が可能かどうかはクリエイターによります。

 

制作会社がそのような動画制作も可能でしたら、それを含めた複数の提案をしてもらうなど、クオリティの高いコンテンツを目指して外注が可能です。

 

さらに、大型の企画や動画運用に関してなど、個人クリエイターでは対応しにくいことも企業でしたらひと通り相談できます。

 

1523515702.png

 

動画制作は外注すればメリットが多い

 

以上、動画制作を外注するメリットについて、企業だけでなく個人クリエイターに依頼するパターンも含めてご紹介しました。

 

SNSなどで毎日定期的に投稿したい場合は、頻度と動画本数の関係で企業や個人クリエイターに外注するのではなく、自社でまずは制作してみたほうが良いでしょう。

 

また制作した動画コンテンツに文字入れをしたい場合は、部分的であればコストのあまりかからない方法がおすすめです。

 

しかし、動画のクオリティを求めたいなど、企画段階からしっかりと作り込みたいのであれば企業に外注していくことでメリットが多数あります。

 

弊社ファーストトーンでは、信頼を大切にして入念なヒアリングを行い、作品のイメージを明確なものとして、期待以上の作品を提供しています。

 

商品紹介や学校案内動画だけでなく、360度バーチャル空間制作やドローン撮影など、スペシャリスト集団が様々なニーズに応え続けています。

 

映像制作実績はこちらから

 

また、最新の動画プラットフォームを活用したインタラクティブ動画の制作も承っております。

学校説明や企業説明、採用動画に新しい視聴体験を提供します。

 

 

さらに、イベント会場で映像を流したいといったような要望の相談も可能ですので、制作事例を参考に、外注についてぜひご検討ください。

 

CONTACT

動画、WEBサイト、グラフィックツール制作をご検討の企業様へ。
まずは、お気軽にご相談ください。
スピード感をもってお返事させていただきます。