エンゲージメントマーケティング(2)

未分類 2015.06.29

エンゲージメントマーケティング(2)

(前回のブログの続きから)

 

短期的な宣伝ではもはや、企業として安定して存続していくことは難しい。

 

その為に、長期的な視点でコンテンツを提供し続け、顧客に叱咤激励をいただきながら、

評価・改善を行い、それを繰り返すことで根強いファンになってもらう。

 

このような考え方が今後のマーケティングを考えていく上で重要な指針となります。

 

これが「エンゲージメントマーケティング」と呼ばれる考え方になります。

 

音楽業界でこのエンゲージメントマーケティングに成功しているモデルがあります。

 

 

「AKB48」です。

 

 

彼女達1人1人に接する機会(握手会)などで、双方向のコミュニケーションをとり、

より身近に感じてもらうことで長期的なファンを作りあげる。

 

AKB48が他のアイドルグループとは違って、

長期的に人気がでている理由は

「エンゲージメントマーケティング」に成功しているからと言えます。

 

これはリアルでの双方向コミュニケーションのみのような感じがしますが、

彼女達のWEB上での活躍はさらにすごいです。

 

1日何回もブログをアップし、「755」というトークアプリでもファンとのコミュニケージョンを絶えず取っています。

 

この弛まぬ努力を積み重ねてブランディングできたメンバーが1列目で活躍できるわけです。

 

 

顧客に短期的なメリットを伝えつつ、長期的にファンになってもらう信頼関係を構築する。

この「エンゲージメントマーケティング」の考え方、ぜひ参考にしてみてください。

Contact Us
お見積もり・お問い合わせ

動画によるイメージアップを図りたい企業様、動画を使った新しい展開をご検討の企業様。
まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社ファーストトーン > ブログ