七五三撮影で気をつけるポイント

新人広報キャスター 2019.12.06

七五三撮影で気をつけるポイント

こんにちは!有馬です!

あっと言う間に秋から冬の空模様に変わって来ましたね。
関東の方では気温がマイナスになっている地域もあるそうです。

さて、前回の記事では、七五三の撮影の際に
心掛けている事を書かせて頂きましたが
実践したよ!という方いらっしゃいますでしょうか??

機嫌よく撮影できるお子様もそうでないお子様もたくさんいらっしゃいますが
撮影が終わって、写真を見返すと
「うわ・・やってしまった・・・」
なんて事があってしまっては、元も子もありませんよね。

そのような事が起こらないよう、基本中の基本ではありますが
撮影しながら気をつけているポイントがいくつかあります。

そもそも、七五三の年齢の子供達はとにかく元気な子が多いです。
走り回る子。カメラに近づいて来る子。とにかくじっとしているのが苦手な子。
そうなってくると、男の子の場合は特に羽織袴の房が外れたり
懐剣や扇子が飛び出していたり・・・
元気な証拠が沢山現れて来ます(笑)

そこでまずは、
・羽織がきちんと着れていて房が外れていないか
・お守りや懐剣、扇子などが飛び出していないか
・帯が崩れていないか
この3点を確認します。

この確認が終われば
・房が上向きになっているか
・羽織がはだけていないか

この確認が終わってから、やっとポーズを決めていきます。

その際にも
・長襦袢が出て来ていないか
・襟から下着が覗いていないか
・扇子の向きがあっているか
・足元が整っているか
・小物の向きがおかしくないか

などなど、確認しないといけない事がたくさんあります。

そして何度も言いますが相手は
『やんちゃ盛りのこども』と言う事を忘れてはいけません。

履き慣れない草履で
いつの間にか脱いじゃってた!!
なんてこともしばしば・・笑

そんな中できちんとした写真を撮影しないといけないので
体力を消耗することもありますが
最後に無邪気な笑顔で
『ありがとう!』と言ってくれたり、手を広げると飛び込んで来てくれるような子も居てるので
そんな姿に癒され、次も頑張ろう!!
とパワーをもらっています^^

もう、七五三の撮影も終わり
年明けの成人式の当日撮影、そして卒業袴の撮影の準備へと進んでいきますが
あと少し、トラブル無く撮影を終えれるよう、気を引き締めて参ります!!

弊社では映像だけで無く、スチールやスナップの撮影も行っておりますので
お気軽にお問い合わせください!

Contact Us
お見積もり・お問い合わせ

動画によるイメージアップを図りたい企業様、動画を使った新しい展開をご検討の企業様。
まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社ファーストトーン > ブログ