写真撮影の奥深さ

カメラマン日記 2015.12.09

写真撮影の奥深さ

弊社はブライダル業界において映像制作だけでなく、
音響や司会者派遣、写真撮影など多岐に渡って行っております。

その中の写真撮影という分野において、非常に面白い動画を見つけたのでご紹介しましょう。

この動画では1人の人物を撮る6人のカメラマンがそれぞれ違うその人の過去の情報を知らされるという事から始まります。

あるカメラマンは霊能者と紹介されてから撮影をお願いされ、

またあるカメラマンは元受刑者と紹介されます。

これかの情報を基にカメラマンがどのような写真を撮ったのか?

それが動画の中でご紹介されているんですが、

同じスタジオ内で撮ったにも関わらず、距離・照明・構図を変えるだけでこうも別人のように写るのかというのがお分かりいただけると思います。

写真というのは写ってる被写体も大事なんですが、カメラマンが何を見せたいかという気持ち次第で見えかたが大きく変わるのです。

弊社カメラマンは常日頃から

どのように撮れば新郎がカッコよく写るのか?

どのように撮れば新婦がキレイに写るのか?

という基本的な部分だけでなく、

どうしたら2人の溢れ出る幸せを写真で表現できるのか?

という抽象的なテーマにも取り組みながら撮影しています。

みなさんもぜひスマホなどで写真を撮る際はただ撮影するだけではなく、

どこからどうやって撮れば、写真に想いを込められるか考えながら撮影してみてください。

きっと写真を撮るのがもっと楽しくなりますよ。

Contact Us
お見積もり・お問い合わせ

動画によるイメージアップを図りたい企業様、動画を使った新しい展開をご検討の企業様。
まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社ファーストトーン > ブログ