集客、イメージ戦略のための動画制作|大阪のファーストトーン

テーマ


初めまして!
カメラマンをさせて頂いている矢野と申します。
初ブログ!!笑
どうぞよろしくお願い致します!

5月の終わりに、撮影をさせていただきました!
事前にホームページやSNSでさまざまな情報を仕入れてから向かいました☺
実際に見ないとわからない事もあるし、どこで撮影すればきれいなカットが撮れるかなど
知りたいことがたくさんあったので、2時間半前に会場に行きました!
編集マンには「はやすぎやろ!笑」とつっこまれましたが。。笑

神社での式だったのですが
今回は式も花嫁行列も撮れないという事で

『この短時間でいかにお二人の笑顔を引き出すか』

がテーマとなりました。

一生に一度の結婚式。
せっかく動画で思い出を残すのだったら、笑顔の多い物のほうが
いいと思いませんか?

当日、お二人は緊張している事が多いので
少しでも緊張をほぐして、笑顔を引き出したいんです。
そこで、私がよくする事が
『なぜここを選んだのか』『緊張しているのか』
これを聞くようにしています。

私は、撮影に入る前にホームページなどで
その会場の特徴などを調べてから撮影しています。

そうする事でお二人に「こういう理由で選ばれたのですか?」と
聞くことができるので会話のきっかけにもなるし
その会話から、お二人の会場に対する思いだったり
こだわりが見えてきたり、会話をすることで
緊張をほぐし、笑顔のカットを増やせるのではないかと思っています。

『緊張していますか?』という質問に
「緊張しています」と返される方は
間違えたりしないかな、というような考えを持たれている方が多いようです、、
そこで
「スタッフがついているので大丈夫ですよ」
と、声をかけることで笑顔のカットが撮れる確率も
少し上がるんじゃないかなと、、
また、終わってから「緊張していて内容を覚えていない」
という方もたまにいらっしゃるので
緊張をほぐすためにできるだけ聞くようにしています!

一生に一度の結婚式。
せっかく動画で残して頂くので
いろんな思いを巡らせながら、撮影に挑んでいます!

 

IMG_3084 (1)

写真撮影の奥深さ


弊社はブライダル業界において映像制作だけでなく、
音響や司会者派遣、写真撮影など多岐に渡って行っております。

その中の写真撮影という分野において、非常に面白い動画を見つけたのでご紹介しましょう。

この動画では1人の人物を撮る6人のカメラマンがそれぞれ違うその人の過去の情報を知らされるという事から始まります。

あるカメラマンは霊能者と紹介されてから撮影をお願いされ、

またあるカメラマンは元受刑者と紹介されます。

これかの情報を基にカメラマンがどのような写真を撮ったのか?

それが動画の中でご紹介されているんですが、

同じスタジオ内で撮ったにも関わらず、距離・照明・構図を変えるだけでこうも別人のように写るのかというのがお分かりいただけると思います。

写真というのは写ってる被写体も大事なんですが、カメラマンが何を見せたいかという気持ち次第で見えかたが大きく変わるのです。

弊社カメラマンは常日頃から

どのように撮れば新郎がカッコよく写るのか?

どのように撮れば新婦がキレイに写るのか?

という基本的な部分だけでなく、

どうしたら2人の溢れ出る幸せを写真で表現できるのか?

という抽象的なテーマにも取り組みながら撮影しています。

みなさんもぜひスマホなどで写真を撮る際はただ撮影するだけではなく、

どこからどうやって撮れば、写真に想いを込められるか考えながら撮影してみてください。

きっと写真を撮るのがもっと楽しくなりますよ。

練習の成果


こんにちは!
ファーストトーンの喜畑です。

先日は滋賀県のとある
介護老人福祉施設の撮影に行って来ました!

この年齢になって初めて
琵琶湖の大きさに正直驚きました!

空気が美味しいって本当にあるんですね…笑

その撮影で自分自身では初めてドローンを操作し空撮をさせていただきました!

白浜でカキ氷販売のあいまに練習したおかげで落ち着いて撮影が出来ました!

やはり何事も練習は大事ですね。

小学生時代にもサッカーの、リフティングが
全く出来ず、夏休み、毎日ラジオ体操終わりに練習した事を思い出しました!

努力は嘘をつかない‼︎

本当にそう思えた2日間でした!

忍法、ガラス抜けの術


住友です。

みなさん、高いビルやタワーなどの展望台に初めて登った時、

写真って撮ります?

おそらく多くの方がスマホについてるカメラでも1枚は撮るんではないでしょうか?

でも、日差しによってはガラスの反射などでせっかくの綺麗な景色が写らなかったりしますよね?

また、動物園に行った時を思い浮かべてください。

檻に入れられた虎を見た時、思わず迫力のある写真を撮りたいと思って危険な距離まで近寄って撮った経験ありませんか?

そんなあなたに朗報です!!

また、興味深い動画を発見しました。

これをご覧ください。

終始英語ですが、意味は分かっていただけると思います。

ガラスや金網越しで撮ったものでももはや画像処理で取り除くことができるのです。

これを利用すれば高所や、獰猛な動物のいる危険な場所でも安心して撮影できちゃいそうですね。

写真だけでなく動画で撮っても取り除くことができるというのも今後できると思いますし、

スマホでもできるようになると思います。

また、プロのカメラマン泣かせの技術がでてきてしまったものです(笑)

遠近法を使った面白動画


住友です。

今日とりあげる動画はこちら。

Xperiaの昔のCMですが、こういった遠近法を使って写真や動画を撮るのは今でも面白いものですね。

人間は普段、2つのカメラ(目のこと)から入ってくる視覚情報をフルに使って距離間を掴みます。

しかし、カメラなどで撮影する場合は基本1台のカメラでしか撮影しない上に撮影範囲(視野)が限られているため、

距離間を掴む情報を意図的に遮断することができるわけです。

だからこそ、特定のアングルで撮影した時に人の目は錯覚を起こしやすくなります。

ただ、こういった映像をビデオで撮る際の注意点としてはカメラを動かさないことが重要です。

なぜならカメラが動けば、手前にある物と奥にある物の動きに違いが生じ、それを見た人は瞬時に脳内で

「これが手前にあって、あれは奥にある」

というのを認識してしまうからです。

一旦、認識されてしまうともう脳内で切り替えることは難しくなるのでカメラを固定させた後でも

この遠近法を使った動画は面白くなくなります。

動画で遠近法を使う時はぜひ意識してみてくださいね。

全方位オムニビュー


住友です。

突然ですが、質問です。

みなさんは車をお持ちですか?

『はい』の方には次の質問。

バックする時って後ろ見ますか?

そういえば昔、デートで助手席に手を回して後ろ目視しながらバックさせたらかっこいいとかありましたね。

これからはそんなことをする必要が微塵も無くなる時代が来そうです。

これをご覧ください。

全方位オムニビュー!!

これでバックが苦手な人も安心ですよ!

ここまで見れるか?ってくらいよく見えてますからね(笑)

本当に文明の進歩というのは早いものです。

車による事故は未だに後を絶ちません。

この調子で早く技術の進歩と共に事故の件数がが減っていけばいいですね。

ハイスピードカメラと多視点ロボットカメラ


住友です。

 

昨日のブログでご紹介した多視点ロボットカメラですが、

もう試みてる映像がありました(笑)

 

こちらをご覧ください。

 

個人的にも好きなロックバンドである「UVERworld」の『ナノ・セカンド』という曲です。

 

ハイスピードカメラの映像はここで、

 

多視点ロボットカメラでの映像はここです。

 

かっこよく作ってますよね。

 

こういう飛び道具的な映像は多用するとかなり見苦しい映像になってしまうものですが、

 

所々に入れると非常に効果的に人の意識を集中させることができます。

 

おかげで僕はこのPVを20回くらい見てます(笑)

 

どれくらいお金かかってるんだろ?と思いながら(笑)

 

 

 

 

 

東京オリンピックは自由な角度からテレビを見れる!?


住友です。

 

2020年の東京オリンピックまであと5年。

 

早いようであっという間に来るんでしょうね。

うちの子供も5才にはなってるんで、子供を連れてオリンピックを生で見に行きたいなと思っています。

 

オリンピックとビールは生に限る!!

 

なーんて言ってたら2020年はもしかしたら生よりもテレビに限るかもしれないニュースを見つけました。

 

 

この技術自体は2009年ほどからある技術とのことですが、

2020年のオリンピックでの実用化に向けて動いているということらしいので、

ズームも混ぜるとサッカーの試合において、

フィールドの中のフォワードの視点でテレビが見れたりもするかもしれません。

 

そうなったら、テレビの方が面白いなんてことになっちゃうかも。。。

 

とても未来を感じさせるニュースだったので、ブログであげさせていただきました。

 

 

台風・・・


先日は祇園祭の撮影に行って参りました!

が・・・、台風の影響で雨・・・。歴史的大祭も暴風警報と大雨警報両方が出ると中止たしいのですが、暴風警報が発令されなかったので、雨天決行!!!

いや〜、実は初の祇園祭体験ということでかなりワクワクしてましたが、さすがに雨となると・・・。

函谷鉾(かんこくほこ)という山鉾を撮らせて頂きましたが、鉾としては長刀鉾に続いて2番めに巡行する(くじ取らず)という鉾で、通常はくじで巡行の順番が決まるのですが、固定されている珍しい鉾でした。

河原町の交差点や御池の交差点では「ヨイヨイヨイトセ ヨイトセ」と掛け声をかけながら辻回しと呼ばれる方向転換で90度鉾を回転させるのが最大の見せ場で、京の勇壮な男たちによる辻回しはすごい迫力でした!

来年は晴れたら良いな〜!!

by Masuoka

IMG_4224

トライアスリート!


先日はトライアスロンの撮影に行って参りました!
スポーツから程遠いこの私がっ!!
と言っても少年時代はサッカーに明け暮れておりましたが。

撮影は伊勢志摩だったのですが、前日入りでまったりと・・・、というわけにも行かず、前日京都での婚礼の現場を終えて夕方に出発したので着いたのは夜9時ごろでした(汗)!

そしていよいよ当日・・・、まさかの大雨!!とはいってもやはりトライアスロンですから、もちろん決行!!!

雨との戦いもあったのでなかなか撮影は大変でしたが、最終ランナーのゴールシーンはやはり感動的でした!「他人と勝負することだけが大切ではない、ゴールすることが大切」。つまり、自分に打ち勝ってこそ手にすることが出来る「ゴール」が大切なんですね。スポーツの原点のようなものを感じることが出来た一日でした!!

by Masuoka

IMG_4212

Contact us

動画によるイメージアップを図りたい企業様、
動画を使った新しい展開をご検討の企業様は、
お気軽にご連絡ください。