集客、イメージ戦略のための動画制作|大阪のファーストトーン

結婚式の音響ってどんな仕事?②


前回のブログで結婚式において音響は司会者と同じくらい重要なポジションにいるという話をさせていただきました。

ここで結婚式の流れを簡単に説明しておきます。

一般的にみなさんがイメージしている結婚式と呼ばれるものはブライダル業界の中では

「挙式」と「披露宴」という分け方をすることができます。

挙式・・・教会(チャペル)や神社などの場所で厳かに行われる「誓いの言葉」「指輪交換」などの儀式

披露宴・・・ケーキ入刀や余興などお酒や食事を楽しみながら盛り上がる宴

といった感じです。

ここをさらにオーソドックスな進行で分割すると

「挙式」(人前式)

新郎入場

新婦・新婦父入場

新婦母によるベールダウン

新郎と新婦父による新婦受け渡し

開式の辞(司会者)

誓いの言葉

指輪交換

ベールアップ・誓いのキス

結婚証明書のサイン・披露

承認の拍手

閉式の辞(司会者)

新郎新婦退場

「披露宴」

新郎新婦入場

開宴の辞(司会者)

新郎よりウェルカムスピーチ

主賓挨拶

プロフィール紹介

乾杯の挨拶

歓談

友人スピーチ

ケーキ入刀・ファーストバイト

新婦中座

新郎中座

歓談

プロフィールムービー

お色直し入場

キャンドルサービス

友人余興

新婦手紙

花束・記念品贈呈

両家代表挨拶(新郎父)

新郎謝辞

閉宴の辞

新郎新婦ご両家ご両親退場

お開き・お見送り

以上が大まかな流れになります。

いかがでしょう?

意外に様々な進行があるというのが分かっていただけると思います。

これらの進行のほぼ全ての場面転換とイベント中の音楽・映像再生に音響は関わっていきます。

挙式は約30分、間が30分ほど空いて披露宴が2時間半あります。

1時間半前に会場入りをして映像や音源のチェックを行うので5時間超の仕事です。

この間、ほぼ音楽が流している状態なので集中力を保ち続けなくてはならないという点でいかに音響が重要なポジションなのか分かっていただけましたでしょうか?

次回はもう少し踏み込んだお話をしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

Contact us

動画によるイメージアップを図りたい企業様、
動画を使った新しい展開をご検討の企業様は、
お気軽にご連絡ください。